緑の草子
楽天トラベル「往復JR+宿泊」セットプラン
(2016/08/29)
デゴイチよく走る! > 緑の草子
←古い記事へ 新しい記事へ→


これまで、列車の切符は自前で手配することを是としてきた私ですが、9月に青森へ行く際の手配を楽天トラベルの「往復JR+宿泊」のセットプランで申し込んでみました。

ことの発端は、東京〜新青森の東北新幹線「トクだ値」が、往復とも5%引の切符しか取れなかったこと。5%でも無割引よりはマシじゃないかと思いきや、片道600km以上あるため「往復割引の乗車券+正規料金の特急券」と値段がほぼ同じなのです。

これでは、縛りが多い「トクだ値」5%引を利用する意味を見いだせません (片道利用や、乗車券が往復割引にならない距離ではこの限りではありません)。

それでも25%引が出るかと粘ったのですが・・・結局ダメでした。乗車日の2週間前を過ぎると25%引は予約できなくなりますので、どうしたものかと思案した結果、楽天のセットプランに手を出すことにしたものです。#楽天ポイントたくさんあるし

交通区間プラン往復(円)内訳備考
新幹線東京新青森正規運賃・料金33,070特7,400 x2
乗(往復)18,270
乗車券は往復割引適用
えきねっとトクだ値 (5%引)32,96016,480 x2 
トクだ値 (5%引+25%引)29,49016,480
13,010
往路5%引、復路25%引のとき
(またはその逆)
お先にトクだ値 (25%引)26,02013,010 x225%引は乗車日の2週間前までに要予約
楽天トラベル 往復JR+宿泊付き24,900
より
最安料金を表示1泊付き
復路は翌々日以降でもよい

2人で申し込んで、1人あたり37,200円。値段は宿泊施設によって変わりますが、今回でいえば、「トクだ値」25%引+別途に宿泊手配した場合と同等か、それより安いかもといったところです。

注意すべきは、1人で申し込んだときに「2人分のちょうど半額」とはならない点。乗車券・特急券はともかく、宿泊は人数によって単価が異なるのが通常ですから、多少割高になります。

それでも、ざっと見たところの平均では、1人でも「トクだ値」5%引と同等の値段で1泊付きとなるようですから、充分に選択肢になると思います。

実際に申し込んでみて分かったこと。

・1泊付きであるが、必ずしも1泊2日でなくてよい。復路の切符は翌々日以降の任意日を指定できる

・列車は第3希望まで時間帯を指定できる。あくまで「時間帯を」となっているが、自由入力のため「○時○分の はやぶさ△号」と具体的に列車を指定してもよさそう

・座席の希望も融通が利きそう。それこそA席とかE席とか書いておけば、その通りに取ってくれるのではないか (むろん空席がある場合のみ)

どうしてもっと早く、楽天のプランを利用しなかったのかと思うぐらい「使える」内容と値段です。

強いて言えば、こうした企画物は現地での変更が利かないのが難ですから、その点で敬遠していたのかもしれません。

しかし気が付けば「トクだ値」といった変更の利かない切符もすっかり常用していますし、長距離の乗車券や特急券もクレジットカードで購入してしまいますから、結局“C制”券となり、変更や払い戻しに制約があります。が、それで困った経験はほとんど無いわけで、もはや咄嗟の変更など想定しなくていいのかも知れません。もちろん、変更が発生することのないように行程を組んでおくのが前提でありましょうが。

そもそも、おいそれと変更できるほど列車や路線に選択肢がなくなっているのも事実。たとえぱ「新幹線の切符を取っておいたが、やっぱり急行『八甲田』で行こう」なんてことは、現代では無いわけですから。

皆さんも騙されたと思って、冷やかし半分で楽天トラベルの「往復JR+宿泊」プランを検討してみてはいかが。



←古い記事へ 新しい記事へ→

2016年09月14日 SL銀河青函DC号 (9月14日)
2016年09月13日 SL銀河青函DC号 (9月13日)
2016年09月08日 SL銀河青函DC号 (9月8日)
2016年09月07日 SL銀河青函DC号 (9月7日)
2016年08月29日 楽天トラベル「往復JR+宿泊」セットプラン
2016年07月26日 都道府県対抗
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

デゴイチよく走る! > 緑の草子
←古い記事へ 新しい記事へ→