緑の草子
はやぶさ
(2010/05/12)
デゴイチよく走る! > 緑の草子
←古い記事へ 新しい記事へ→


東北新幹線の新愛称名が「はやぶさ」に決まったそうで。
最有力候補は「はつかり」が言うまでもない状況において、「はやぶさ」の報を聞いた私の率直な感想は「そう来たか」。

なるほど「はやぶさ」の愛称名は宙に浮いていたわけですし、言葉からイメージされるスピード感も申し分なし。九州新幹線「さくら」に倣い、元ブルトレ名を栄転させるという、ささやかな流行を仕掛けてみた部分もあったでしょう。もっとも、いかにも夜行列車風な「ゆうづる」「あかつき」「きんせい」「みょうじょう」「げっこう」あたりは、新幹線名としては少し難しそうですけどね。

ひとつ不安は「はやて」もしばらく残存する点。

     はやぶさ
     はや

これって、デジャブ・・・?
愛称名が似ていて紛らわしいとかで、隣り近所で一悶着あった気がするが、

     文字数が違うから気にしない?

     新潟行くつもりで長野に行っちゃうような方角違いはないからイイ?

     「はやて」は数年で消えることが確実なので、それまで我慢する?

いずれにせよ「はやて」の愛称名は長続きしないという伝統に、また加担することになりそうですね。

最後に。
この記事を、もしかして10年後20年後の若者が読んだときのために書き添えておきます。
「はやぶさ」も「さくら」も、かつては東京と九州を結ぶ夜行寝台特急(ブルートレイン)に使われていた、由緒ある愛称名なんですよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Yahoo!ニュースより

JR東日本は10日、東北新幹線の八戸−新青森間の営業運転が12月4日にスタートすることを明らかにした。運行する新型車両「E5系」の愛称は「はやぶさ」に決まった。現在の愛称「はやて」の存続を求める声が強かったことから、現行の「E2系」が引退するまで「はやて」の愛称も残すという。

 E5系は、平成25年春までに国内最高速の320キロで運転し、東京−新青森を最速3時間5分で結ぶ予定。JR東日本は「時刻表などをみて一目で新しい車両かどうか分かるようにしたい」と愛称を募集していた。

 「はやぶさ」は昨年3月に廃止になった東京と九州を結ぶ寝台特急に使用されていた愛称。鉄道ファンからは「九州の印象が強すぎる」と反対の声が上がる一方、E5系が昭和30年代以来の3等級制復活となる「スーパーグリーン車」を連結する予定であることから「伝統の名前にふさわしい」との意見も出ている。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



←古い記事へ 新しい記事へ→

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年12月01日 本メールを受け取られた…
2010年08月03日 京成金町線
2010年08月02日 「はやて」再び
2010年06月24日 webギャラリー進捗
2010年06月23日 初めて「はやて」に乗ったよ
2010年05月25日 綾瀬-北千住
2010年05月12日 はやぶさ
2010年05月11日 シャゾウ
2010年04月09日 悠仁さま
2010年03月18日 楽天ブックス
2010年03月15日 「能登」と「北陸」
2010年03月10日 花の雨が降る
2010年03月09日 上越高速線
2010年01月07日 マイ・ブーム
2009年
2008年

デゴイチよく走る! > 緑の草子
←古い記事へ 新しい記事へ→

広告ポリシー