デゴイチよく走る! > SL写真館
SL銀河ドリーム号 2012 [15/22]
(2012年5〜6月)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
[前へ] [次へ]


■ 足ヶ瀬

上りSL列車の陸中大橋〜足ヶ瀬間は、勾配とトンネルが連続するため、DE10の重連が前補機に付きます。

この区間を列車で通ったことがある方ならお分かりの通り、ここだけはDEに頼るのも致し方ない“難所”です。

それでも、いろいろと意見や希望はあるかと思いますが、JRとしても補機の連結区間が最小限で済むよう、DE10はここ足ヶ瀬で切り離します。

足ヶ瀬駅は、釜石線の駅でもっとも標高が高く、473m (ウィキペディアより)。

ほぼ海抜ゼロに近い釜石からは29kmの道のりですから、単純平均でも、16パーミルもの勾配になりますね。

足ヶ瀬D51498 DE10 足ヶ瀬

D51498 DE10 足ヶ瀬
■2012-5-24(木) 足ヶ瀬 D51498 + DE10「SL銀河ドリーム号」試運転(上り)

D51498 足ヶ瀬
■2012-5-24(木) 足ヶ瀬 ちょっと格好がアレですが、足ヶ瀬駅恒例の「煤落とし」作業です

D51498 足ヶ瀬足ヶ瀬駅
■2012-5-24(木) 長閑な足ヶ瀬駅。仙人峠道路の開通で、国道(旧)の交通量が激減し、本当に静か

D51498 足ヶ瀬-平倉D51498 足ヶ瀬-平倉
■2012-5-24(木) 足ヶ瀬-平倉 D51498「SL銀河ドリーム号」試運転(上り)

D51498 平倉-岩手上郷

■ 煙に頼らない、SL写真

煙を盛大に吐いてこその蒸気機関車ですから、いきおい「煙が出る場所」もしくは「出そうな場所」でカメラを構えることが多くなります。

ところで「足ヶ瀬駅は釜石線でもっとも標高が高い駅」ということは、この先は当然、下り込み。遠野まで、22パーミルの下り一方です。

煙を求めるなら足ヶ瀬発車か、今年のように岩手上郷に停車するなら、その発車もありますが、いずれにせよ駅発車を狙うしかありません。

しかし、足ヶ瀬発車・上郷発車も飽きてきましたので、もう思い切って考え方を変え、「煙が無くても、絵になるSLの撮り方」というものを模索してみようかと思う今日この頃です。


■2012-5-24(木) 平倉-岩手上郷
D51498「SL銀河ドリーム号」試運転(上り)

D51498 岩手上郷-青笹
■2012-5-24(木) 岩手上郷-青笹 D51498「SL銀河ドリーム号」試運転(上り)


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
[前へ] [次へ]

デゴイチよく走る! > SL写真館
SL銀河ドリーム号 2012 [15/22]
(2012年5〜6月)