デゴイチよく走る! > SL写真館
SL銀河ドリーム号 2012 [1/22]
(2012年5〜6月)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
 [次へ]


2012年6月、釜石線をD51498が走りました。
釜石線では2004年以来、8年ぶりの煙です。

従来の釜石線での運転形態とは違い、東北本線の一ノ関発着となることで、
   ・一ノ関〜北上間は「SLイーハトーブいわて物語号」
   ・北上〜花巻〜釜石間は「SL銀河ドリーム号」
という形で、一ノ関〜釜石間を都合2日がかりでの往復です。

SLイーハトーブいわて物語号 SL銀河ドリーム号

まったく意識していなかったのですが、私自身も2004年の釜石線を最後に鉄活動は休止状態。もっとも、その休止状態を、敢えて打破しようとも思ってはいませんけれど。

それに震災・津波の被害が大きかった三陸方面に、遊び人が行っていいものなのか、ホテルは営業しているのか、営業していても予約は取れるのかなど不安はいっぱい。

あれこれ考えても仕方がありませんので「じゃあ実際はどうなのか」と調べてみると・・・震災直後は多くの宿泊施設が営業休止を余儀なくされたものの、現在はずいぶん復帰している模様です。しかも予約も取れそう。

したらば、新幹線の切符「とくだ値」そしてレンタカーはどうかと見てみると・・・すべて手配できてしまいました。「往復の足、現地の足、現地の宿」これら三拍子が揃ったことで、なし崩し的に釜石行きが決定。5月18(金)・19(土)日の1泊2日の行程です。

とくだ値 上野 一ノ関 水沢江刺「とくだ値」今回は15%引。運賃、特急料金ともに割引になるのがミソ。ただし乗り遅れると、特急券のみならず、乗車券すら無効ですから「後続列車の自由席」なんて不可。在来線の普通列車に乗ろう、ったってダメ。
「とくだ値」の利用にはクレジットカードが必須です。クレジットカードを持っていない人は→楽天カード新規入会キャンペーン

■ 水沢江刺駅を活用してみる

レンタカーは、普通に考えれば一ノ関で借りるのが順当です。しかしSL撮影を考えた場合、新幹線は朝一番の列車に乗るしかなく、この列車に「鉄」が集中するのは明らか、すると一ノ関のレンタカー屋で行列ができ、思わぬ時間ロスをする恐れがあります。

そこで、一ノ関ではなく水沢江刺でレンタカーを借りることにしました。返却は、水沢江刺のレンタカー屋は営業時間が19時までなのに対し、一ノ関は20時まで。この距離なら乗り捨て料金もかからないそうなので、返却は一ノ関としました。

他意はなく正直な気持ちとして、水沢江刺などという駅には生涯、用はないだろうと思っていただけに、ちょっと嬉しいというか何というか。

しかしまぁ、駅前には商店らしい商店も見当たりません。(あるにはあるようです)

そして駅レンタカーの受付場所が・・・地元の名産品を展示しているホールの片すみにありました。てっきり名産品のギフト受付カウンターかと思った。

水沢江刺駅

水沢江刺駅

水沢江刺駅

SLイーハトーブいわて物語号 試運転 平泉-前沢
■2012-5-18(金) 平泉-前沢 D51498「SLイーハトーブいわて物語号」試運転(下り)

SLイーハトーブいわて物語号 試運転 水沢-金ヶ崎
■2012-5-18(金) 水沢-金ヶ崎 D51498「SLイーハトーブいわて物語号」試運転(下り)

小雨もぱらつき、靄っているため、遠望は諦めて接近戦でいきます。

とはいえ私は、この区間の“土地勘”はほとんどありません。

一応、事前に地図や航空写真、他の方のwebサイトやブログ等を見て“現代的ロケハン”はしたものの、ほとんど行き当たりバッタリのようなもの。

私としては、釜石線をメインに考えていますので、東北本線内はオマケでよし。

このあと、私は新花巻へ直行します。

北上に寄ろうかとも思いましたが、釜石線内の様子もある程度は探っておかないといけませんので、早めに移動です。

この時点では、まさか、左の写真が“ラストショット”になろうとは思いもよりませんでした。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
 [次へ]

デゴイチよく走る! > SL写真館
SL銀河ドリーム号 2012 [1/22]
(2012年5〜6月)