デゴイチよく走る! > 昔の写真 > 1986年 > 4月
「瀬戸」先送り回送 [1/2]
1986年4月13日
1 2 []

走行写真を写しにくい列車の一つ「瀬戸」が、なんと東京15時40分発車。東京発ブルトレの一番手「さくら」よりも早い時間に東海道を下る珍事件。

現在、285系電車で東京-高松間を運行している夜行特急「サンライズ瀬戸」も、元をただせば24系客車を使用したブルートレインでした。東海道系統のブルトレとしては運転距離が短く、始発駅を夜遅く出発し、終着駅には朝早く着いてしまうため、なかなか撮影しづらい列車であるのは今も昔も変わりません。走っているところを東京近辺で撮影しようとすれば、夏場の上り列車を狙うしかないわけです。

ところが或る日、こんなニュースが飛び込んできました。
−白昼堂々と「瀬戸」が走る。それも下り列車−

種明かしをすれば1986年4月13日(日曜日)、小田原-早川間の早川橋梁と、清水-草薙間の巴川橋梁の架け替え工事が行われるため、この日だけ「瀬戸」が浜松始発で運転されるとのこと。そして「瀬戸」用の車両は、工事が始まる前に早めに回送しておく、ということです。

ダイヤは東京15:40発。「白昼堂々」というには少し遅いかなという気もしましたが、充分にまだ明るい時間です。なんたって、16:30発1列車「さくら」よりも前ですからね。ちなみにまだ瀬戸大橋が開通する前ですので、平時の「瀬戸」の運転区間は東京-宇野だった時代です。

205系山手線 103系京浜東北線
■1986-4-13 田町
205系山手と103系京浜東北の併走。103系はともかく、山手の205系すら過去帳入りとは、私も歳をとった(笑)

113系
■1986-4-13 田町
113系。特急サロ改造のグリーン車が入っています

EF65PF 14系 踊り子
■1986-4-13 田町 9023列車 (東京発11:30)
EF65PF+14系 臨時特急「踊り子55号」。客車列車で運転された理由はイベントでもギャグでもなくて、単純に185系が足りないからです。このスジの田町は「カブる」ので要注意列車でした。普段はなるべく田町以外で待っていましたが、この日のこの列車はあくまでオマケ。何げに4本もの列車が同時にフレームインしています。しかも後ろは0系

EF65PF 20系
■1986-4-13 田町 7111列車 (東京発12:10)
EF65PF+20系 いわゆる創臨です。同じスジでしょっちゅう走っていました

113系
■1986-4-13 田町
113系

103系 京浜東北線
■1986-4-13 田町
103系京浜東北。オレンジ色が3両入っています。異塗装車が混じることは時々あっても、すぐ路線カラーに塗り替えられることが多かったのですが、このときは2〜3ヶ月ほどこのままだったように記憶しています

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SL・蒸気機関車☆アンティーク鉛筆削り
価格:540円(税込、送料別)

1 2 []

「瀬戸」先送り回送 [1/2]

デゴイチよく走る! > 昔の写真 > 1986年 > 4月