デゴイチよく走る! > 昔の写真 > 1989年 > 3月
EF5861 小回PP
1989年3月24日

EF5861が品川-東京の小回運用に登場。激パニックの中、大バクチを仕掛けた私は勝者となるか。

EF5861 サロンエクスプレス東京 EF651105 浜松町
■1989-3-24(金) 浜松町 回9513列車 (品川10:14→東京10:22) EF5861+サロンエクスプレス東京+EF651105

鉄道ダイヤ情報 1989年4月号 ジョイフルトレイン運転予定表鉄道ダイヤ情報 1989年4月号「ジョイフルトレイン運転予定表」より

一昨日に続き、EF5861+サロンエクスプレス東京の“正調編成”です。ただし今回は、品川(客操)〜東京間の小回運用となります。

EF5861はまず、品川→東京のサロン回送をプッシュプルの片棒として牽引、そして戻りは「みずほ」回送 (回6列車、EF66とプッシュプル) を品川まで牽引する“チョイ役”です。

運転区間も短いし、大したこと無かろう・・・と思うのは間違いで、これはこれで大変な騒ぎを誘発します。

たとえば一昨日のEF5861は品川〜伊東間の往復でしたから、私が根府川まで出向いたように“鉄”も各所にバラけますが、今回は東京〜田町間という短い区間に、多数の“鉄”が一極集中する形になるわけです。

実際には、EF5861+サロン〜よりも、戻りのEF5861+「みずほ」回送+EF66の方がメインの感じで、田町など当然パニック状態、私は正攻法を諦め、まずは浜松町へ。

浜松町でも、旅客線寄りの南行・外回りホームではなく、離れた北行・内回りホームから“3線跨ぎ”の撮影を敢行。そんじょそこらの3線跨ぎではない、名にし負う東京の大動脈・山手線の内回り&外回り、そして京浜東北の南行までも跨ぐ狂気の沙汰です。カブらない方がおかしいぐらい。

EF5861+サロンは一昨日も撮影したばかりですし、今日はEF65とのプッシュプルがミソですから、なるべく横がちの構図を考えてのバクチでした。

低リスクだがプッシュプルと分からない構図よりも、リスク覚悟で「狙いに行った方がいい」だろうと。そして勝者は誕生しました。

●浜松町

←東京                      品川→
−−−−−−−−−−−−−−>−−−−−−旅客線 下り
−−−−−−−−−−−<−EF5861+サロン−旅客線 上り
−−−−−−−−−−−−−−>−−−−−−京浜東北 南行
■ホーム■■■ここから撮ればいいものを
−−−−−−−−−−−−−−>−−−−−−山手 外回り
−−−−−−−−−−−<−−−−−−−−−山手 内回り
■ホーム■■■♂ ここから撮った
−−−−−−−−−−−<−−−−−−−−−京浜東北 北行

EF6646 田町
■1989-3-24(金) 田町 回4列車 EF6646 (特急「はやぶさ」の戻し回送)

EF651105 サロンエクスプレス東京 田町
■1989-3-24(金) 田町 9513列車 [東京10:30発] EF651105+サロンエクスプレス東京

EF6652 20系 田町
■1989-3-24(金) 田町 回8026列車 EF6652+20系 (特急「あさかぜ82号」の戻し回送)

バクチの勝者は、田町でも大バクチを仕掛けます。もはや賭博をやめられない依存症のようなものでしょうか、浜松町と同様に北行・内回りホームから、さらに強気の“4線跨ぎ”です (山手内・外・京浜東北南行・旅客線上り)。

南行・外回りホームの大混雑を尻目に、サロンまでは勝ち続けましたが、20系で暗雲が立ちこめ・・・EF5861のとき、ついに私は敗者となりました。

このときカブったのは山手だったと記憶していますので、順当に南行・外回りホームで待ち構えていた“鉄”の方たちは撮影できているはずです。

バクチは初めは勝っていても、最後には負けるものだと肝に銘じました。

2013.9.1 (終)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

D51蒸気機関車498号機マフラータオル
価格:1300円(税込、送料別)

EF5861 小回PP

デゴイチよく走る! > 昔の写真 > 1989年 > 3月