デゴイチよく走る! > 昔の写真 > 1986年 > 7月
“青ガエル”甲種ほか [1/2]
1986年7月27日
1 2 []

上田交通へ譲渡される“青ガエル”こと東急5000系の甲種を横浜線で。リバイバル“つぱめ”の復路も。

キハ35 かっぱ 相原-片倉
■1986-7-27(日) 相原-片倉 (現在の 八王子みなみ野-片倉) 9322D (八王子9:14→茅ヶ崎10:43) 臨時「かっぱ」 キハ35

103系 相原-片倉
■1986-7-27(日) 相原-片倉 (現在の 八王子みなみ野-片倉) 103系

103系 相原-片倉
■1986-7-27(日) 相原-片倉 (現在の 八王子みなみ野-片倉) 103系 (後追い)

DE10557 相原-片倉
■1986-7-27(日) 相原-片倉 (現在の 八王子みなみ野-片倉) DE10557 + ヨ + ヨ

103系 相原-片倉
■1986-7-27(日) 相原-片倉 (現在の 八王子みなみ野-片倉) 103系

103系 相原-片倉
■1986-7-27(日) 相原-片倉 (現在の 八王子みなみ野-片倉) 103系

DE10557 東急5000系 甲種輸送 相原-片倉
■1986-7-27(日) 相原-片倉 (現在の 八王子みなみ野-片倉) 9891列車 (長津田12:48→八王子13:39) [本甲14] DE10557 + 東急5000系

1986年7月27日(日)、場所は横浜線の相原-片倉間。のちに途中に新駅が開業し、現在でいうと八王子みなみ野-片倉間になります。

私は横浜線など初めてで、「単線区間の片倉付近は田舎だろうから、どうにでも撮れるだろ」とアテずっぽうで撮影に向かいました。電車賃節約のため、新宿から京王に乗っていったのは内緒です。

京王片倉に着くと、見立て通りの (といっては失礼) ローカルな感じ。川沿いなどは人手があまり入っておらず、逆に近づくのが難しいなどで、複線化用地の道床に乗って撮影しました。

現代では一発アウトになりそうな立ち位置も、正当化するつもりはありませんが、当時はどうってことはないレベルでした。むしろ電車の運ちゃんが笑顔で手を振ってくれたり。

ターゲットは、上田交通に譲渡される東急5000系の甲種輸送。

さっき「東急5000系」でググッたら、ステンレスの車輌がゾロゾロ出てきて焦りましたが、初代の5000系「青ガエル」の方です。

また初っぱな、ヘッドマークが付いているキハ35は、夏休み期間の日曜日に八王子〜茅ヶ崎間で運転されていた臨時普通列車で、「かっぱ」という列車名が付けられていました。

設定の意図がよく分からない列車に思うかも知れませんが、ヘッドマークの絵がそうであるように、ジャンルとしては海水浴臨です。

103系 相原-片倉
■1986-7-27(日) 相原-片倉 (現在の 八王子みなみ野-片倉) 103系

東急5000系 甲種 八王子東急5000系 甲種 八王子
■1986-7-27(日) 八王子 [本甲14] 東急5000系

鉄道ダイヤ情報 1986年夏号「甲種鉄道車両 輸送計画表」鉄道ダイヤ情報 1986年夏号「甲種鉄道車両 輸送計画表」より(クリックで拡大)

横浜線内で撮影後は、中央線へ追っかけます。
「たしか、西八王子は相対式ホームだったよな」などと考えながら、八王子まで来たところで様子が変。

なんと甲種は、八王子から先は明日の運転なのだそうです。
鉄道ダイヤ情報 には“マルヨ”マークなんて無かったはずだと思いつつ、あとで確認すると「2両x6本」つまり12輌が輸送されるところ、そういえばそんなに長い編成ではなかったような・・・

要は明日も同じスジで長津田から八王子まで残る6輌を輸送し、八王子で併結して12輌で中央線を下る段取りだそうでした。鉄道ダイヤ情報 の記事が正確でなかったわけですが、こんなことは日常茶飯事。横浜線内で撮影できただけでも良しとします。

ちなみに11月30日〜12月1日にかけても、東急5000系が松本電気鉄道に譲渡される甲種輸送があり、こちらは長津田〜八王子間は2日に分けて輸送される旨、正確な記載がなされていました。

キハ35163 八王子
■1986-7-27(日) 八王子 キハ35163

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SL・蒸気機関車☆アンティーク鉛筆削り
価格:540円(税込、送料別)

1 2 []

“青ガエル”甲種ほか [1/2]

デゴイチよく走る! > 昔の写真 > 1986年 > 7月

V@