鹿瀬町通信
デゴイチよく走る! > 鹿瀬町通信

 ←114回 第115回 116回→
2004/01/27


「冬の駅」

まだ夜が明けきらない駅には、シンシンと粉雪が降り積もっていて
背中を丸めながら列車を待つ人の髪や肩にも雪片がみるみる白く重なっていきます

その寒々とした静けさの中に
突然雪煙を巻き上げながら列車が近づいてきたと思うと
今度は待ちきれないほどゆっくりと停車しました

窓から洩れた車内灯の光がホームの雪に映って
それまで青く沈んでいた風景がその部分だけは暖かな色に染まります

やがて車掌の吹く笛が鳴ってドアが閉まり
列車はディーゼルエンジンのうなりを高めながら動き出して
雪霞みの向うに赤いテールライトが遠ざかって行きました


 ←114回 第115回 116回→
2004/01/27

1999年 (第1回〜)
2000年 (第14回〜)
2001年 (第35回〜)
2002年 (第57回〜)
2003年 (第89回〜)
2004/01/05 (第114回)
2004/01/27 (第115回)
2004/03/23 (第116回)
2004/04/07 (第117回)
2004/04/16 (第118回)
2004/06/11 (第119回)
2004/06/30 (第120回)
2004/08/10 (第121回)
2005年 (第122回〜)
続編 facebook

デゴイチよく走る! > 鹿瀬町通信

広告ポリシー