機関車データベース
デゴイチよく走る! > 機関車DB > D51 > D51140

D51 > D51140
1938-11-06/日日本車輌名古屋NO.664 新製 配属 東京局 配置 宇都宮区(着 11/16) 使用開始 主に東北本線大宮〜白河間の貨物列車に使用
1944-11-13/月宇都宮区→大宮区 主に高崎線大宮〜高崎、東北本線・山手線・東海道本線大宮〜新鶴見間の貨物列車に使用
1949-07-01/金現在 大宮区
1954-04-01/木現在 大宮区
1959-04-01/水現在 大宮区
1961-02-25/土借入 田端区
1961-10-24/火返却 大宮区
1964-04-01/水現在 大宮区 その後 前照灯副灯取付 時期不明('67年頃と思われる)
1969-05-02/金移動 大宮→高崎第一
1969-05-02/金移動 大宮→高崎第一
1969-05-02/金大宮区→高崎第一区 主に八高線高崎操〜拝島間の貨物列車に使用(特に高麗川の日本セメント専用線に出入りする石灰石積載や返空のホッパ車の長大編成を牽引 拝島からは牽引機がED16に代わってさらに採掘所のある青梅や製鉄所のある浜川崎と連絡していた)
1970-02-24/火高崎第一区扇形庫内で右シリンダー蓋を開け内部の点検作業中のところを撮影
1970-04-09/木廃車(高崎第一区) 走行距離 1,888,409.9km
1970-11-01/日高崎鉄道管理局長と熊谷市長との間で無償貸与契約締結
1970-12-01/火現在 熊谷市荒川公園にて保存
2013-01現在 荒川公園に露天・柵付きで保存継続中だが、メンテ放棄され経年劣化激しく無残な状態 秩父鉄道の動態保存のおひざ元といえる土地で地元埼玉県内で長く稼働した機体にしては非常に残念

デゴイチよく走る! > 機関車DB > D51 > D51140