緑の草子
駅のホームの話(その1)
(2009/10/26)
デゴイチよく走る! > 緑の草子
←古い記事へ 新しい記事へ→


駅の配線というのは、なかなか興味深いものがあります。うまく作ってあるなと感心するものもあれば、なんでこんな不便な形なのだろうというものまで千差万別。用地や地形の制約とか、将来の拡張に備えてあるとか、その他もろもろ素人には量り得ない事情があるんでしょうけど。最近は配線の簡略化が急速に進んで寂しい限りです。

配線のうち、今回はホームの配置に限って話を進めたいと思います。これはある程度のパターンに分類でき、   ・上下線の間にホーム1本を置いた「島式1面2線」と、   ・上下線の両脇にそれぞれ独立したホームを置いた「相対式2面2線」があります。 これは鉄道趣味界の基本ですから、今さら私が力説するほどのことではありません。島式1面2線−−−−−−−−−−−>−−       ■■■■■■ −−<−−−−−−−−−−−相対式2面2線      ■■■■■■ −−−−−−−−−−−>−− −−<−−−−−−−−−−−       ■■■■■■ 上の2つは、誰でも日常的に見ている形でしょう。 かく言う私も、島式1面2線なら常磐線の金町、相対式2面2線なら京成金町線の柴又がそうですから、子どもの頃からごく普通に目にしてきました。

しかし思い返せば、私が生まれ育った近辺だけでも、実に多様な配線の駅が存在していました。 例を挙げれば、なんと言っても京成金町線の京成金町駅。東京都内しかも23区内にありながら、まさかの1面1線。これ以上、簡単な配線はあり得ない究極の形で、もはや「配線」と呼べるものかどうかも怪しい。分岐器の一つすらありません。1面1線(分類としては相対式になるんでしょうねぇ・・・) −−<−−−−−−−−>−−       ■■■■■■



←古い記事へ 新しい記事へ→

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年11月01日 駅のホームの話(その2)
2009年10月26日 駅のホームの話(その1)
2009年09月26日 ネット通販で危機一髪
2009年08月09日 懐メロ 二題
2009年06月19日 貸付金利<預金金利
2009年05月14日 草なぎ復帰
2009年02月01日 100年に一度の
2009年01月09日 コード・ブルー再び
2009年01月07日 揺れる?東京湾フェリー
2009年01月04日 ロープウェイはアウト
2009年01月03日 異臭騒ぎ
2008年

デゴイチよく走る! > 緑の草子
←古い記事へ 新しい記事へ→